「私たちの海とプラスチックゴミの関係」


ポイ捨てや放置されたプラスチックゴミがどうなっているか知っていますか?
それらのゴミは雨や風によって河川に入り海に流れてしまいます。
海のプラスチックゴミのほとんどは陸から来ているのです。 

今日、海に年間少なくとも8.000万トンものプラスチックゴミが流れこんでいて、これをジャンボジェット機の機体の重さに変換すると、1年間に5万機分の重さのゴミを海に捨てている事になります。
そして、このままだと2050年には海のプラスチックゴミは魚の量を上回ると予想されています。


普段からゴミはゴミ箱に捨てる事はもちろん、海や山などアウトドアでもゴミ箱がない場合はゴミは持ち帰りましょう。
それ以外にもプラスチックゴミを増やさない事がとても大切になってきます。
マイバッグやマイボトルもその1つです。
それ以外にもできる事を、これからMIMO TOKYOで皆様に発信していきますね!

0コメント

  • 1000 / 1000